Dumb

度々、「魚座 性格」と検索し苦しくなる。

私が星座を意識するようになったのは、カートコバーンの遺書を読んだ高校生のころ。彼は文中に「自分は惨めで、ちっぽけな、何の価値もない、魚座の、救いようもない男。どうして楽しむことができないんだ。分からない。」と記していた。初めてNIRVANAを聴いたのはインユーテロ。ジャケ買いをした。買った帰り道に親の運転する車で軽々しく、ディスクを入れてしまい、アッ.........っとした。やっちまった〜〜。と。

しんどかった、あんなにも骨の髄までもを捻じ曲げてくる音を聴いたのは初めてだった。しばらく経って、遺書を目にしたのだが読んで感じた事は、わからないけど、わかった事。

 

正直なところNIRVANAを頻繁に聴くのも好きだと言うのも気がひける。それは、私自身が何かに引っ張られてしまう故の後ろめたさ。苦しい。

 

ただ、本心として間違いなく言えることはNIRVANAの音楽、カートコバーンに感謝をしていること。それしかない。

「カートが自殺したから神格化された」や、「ただの中二病だろ」とか、「過大評価」なんてのはクソほどどうでもいい。

ただただ私は彼が生きて音を鳴らしてくれたことに感謝している。

 

そんだけ。

 

そして、今とても誰かを抓りたい。

 

広告を非表示にする